勤怠の管理とサービス利用|社員の意見交換を活発化できる社内SNSを導入しよう

社員の意見交換を活発化できる社内SNSを導入しよう

勤怠の管理とサービス利用

PCを触る人

勤怠とその管理システム

企業では、社員の勤怠管理を行いそれに従い給与計算などを行う必要がある。勤怠管理を行う場合、これまでは企業独自でシステム開発を行い導入したり、パッケージソフトを購入し、社内のサーバーに導入するなどが行われてきた。しかし、社内独自のシステムを導入するためには多額の資金が必要になり、メンテナンスなども行っていく必要がある。また、パッケージソフトを購入し運用する場合、開発費用は不要であるがメンテナンスを行う必要性は出る。これらの欠点を補うものとして、最近ではクラウドサービスを活用する企業が多くなっている。勤怠管理をクラウドサービスで行うことで、導入コストが軽減でき、メンテナンスへの負担も大幅に削減できる。

利便性の高いサービス

勤怠管理のクラウドサービスを活用する場合、サービスにより様々なメリットを受けることができる。システムによっては、給与計算のシステムと連携できるものがある。勤怠管理は、給与計算と密接に関係している。その為、勤怠管理のクラウドサービスを活用する場合には、給与計算のシステムと連携できるかの確認が必要である。業者によっては、給与計算のクラウドシステムと合わせて提供しているものもある。また、利用できる端末の多様性もある。これまでは、社内のパソコンで行うことが中心であったが、近年では外出先からスマートフォンやタブレット端末を活用し勤怠入力させたいこともある。様々な端末に対応したサービスを活用することで、利便性がさらに上がる。

このエントリーをはてなブックマークに追加