企業の中枢|社員の意見交換を活発化できる社内SNSを導入しよう

社員の意見交換を活発化できる社内SNSを導入しよう

企業の中枢

スーツの男性

正確そして迅速な会計処理

企業における会計や経理部門は、お金のやり取りに直結する重要な部門です。企業の経営は人と物、そしてお金で成立しています。その中でお金は収支を決める重要な位置づけになっています。しかし複雑に動くお金の流れを把握することは簡単ではありません。支出と収入の状況をリアルタイムで把握することが求められます。特に決算などの絡みも発生するため、お金の出入りを正確にそしてできるだけ直近の状況で把握しなければならないのです。そのため多くの企業で会計システムを導入しています。決算を迎える前に今期の着地をどれだけ正確に予測することができるかが会計システムのキーポイントになるのです。しかし会計と一言で言っても幅広いため分野毎の管理が求められます。

一元管理ができること

会計システムが目指すべきところは会計の複雑な管理を一元管理することです。分野が異なっても扱うのはお金であり、それは共通しているからです。合計したものが企業全体の会計に直結するためです。会計には、財務会計や、管理会計、経費管理、資金管理、そして大企業になれば連結会計も存在します。それぞれに具体的な意味があり、稼働していますが、これらが切り離された状態で管理されていては意味がありません。すべての会計システムの根源として一元管理されることが望ましいのです。どの会計部門が影響を及ぼしているのかを明瞭にすることができれば、お金の流れに関するメスを入れやすくなるメリットも持っています。企業の管理会計システムは頭脳なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加