社員の意見交換を活発化できる社内SNSを導入しよう

人件費コストを抑える

パソコン

給与計算システムは勤怠システムなどを利用している会社であれば、簡単に導入することができます。初期費用も安くすることが可能なのです。新規で導入するのであれば経理情報とのリンクなどを付けることで更にコストダウンを図ることができます。

Read More..

勤怠の管理とサービス利用

PCを触る人

企業において、勤怠管理は最も重要な業務である。これらを行なう場合、クラウドサービスを活用することで導入コストや運用コストを削減することができる。導入の際には、給与計算システムの連携などが重要な要素になる。

Read More..

企業の中枢

スーツの男性

会計を管理することは複雑です。財務管理や管理会計、経費管理、資金管理、連結会計など会計と一言で言っても多数あります。そして会計システムに求められるのはこれらの会計を一つに集約し、一元管理できることなのです。

Read More..

社内での意見交換

PCを操作する人

ツール浸透の手段

ここ数年の企業や公共機関においては、社内のコミュニケーションを活性化して情報の共有や意見交換を促す手段の一つとして、社内SNSを導入する事例が増えています。社内SNSとはインターネット上で提供されているSNSを社内に閉じて導入するもので、砕けた雰囲気で気軽なコミュニケーションを実現するためには有効な手段です。しかしながら、ただ導入するだけでは各社員が利用せず、思い通りに浸透しない場合もあります。そんな時に実践したいのは、投稿すると何等かの評価が得られるしくみも合わせて導入するという方法です。例えば投稿のたびにポイントを付与してポイント獲得上位者を表彰したり、ポイント数を人事評価の加点要素とする、といった手段が考えられます。このような工夫をすることで、利用者も積極的に社内SNSに投稿を行うようになります。

投稿ルールの設定

一方、社内SNS導入に際して注意すべき点もあります。それは投稿する際のルールや作法も検討し、前述した評価のしくみ導入と合わせて適用するということです。その理由は、特定の人を傷つけたり、社内の秩序を乱すような内容の投稿が行われてしまう可能性があるからです。匿名での投稿を可能にしている場合は、特に注意が必要です。社内SNS導入が会社内の雰囲気を悪くすることは避ける必要があるので、守るべきルールを初期導入に合わせて定義することが望ましいです。また万が一相応しくない内容の投稿がされた場合の削除手順や、投稿者を特定する運用方法などの検討も、導入前の準備作業のタスクとして想定しておくとよいでしょう。以上のように、多頻度投稿者の評価の仕組みと守るべきルールの適用を併せておこなえば、社内SNSの導入は期待している成果があがりやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加